• 保育園の利用
  • 保育園への就職
  • 保育サポート
  • 子育てお役立ち情報
  • 保育園を探そう

保育のひろばTOP > 福岡市保育協会について

協会について

理事長あいさつ

(一社)福岡市保育協会は、昭和22年の児童福祉法の制定を受け、昭和24年に福岡市保育会として発足しました。その後名称変更や社団法人化を行い、現在は市内のすべての認可民間保育園209ヵ園と保育所型認定こども園2ヵ園の211ヵ園が加入しています。(平成28年4月1日現在)

認可保育園は、施設の面積や保育士数など国の定める最低基準を満たし、また延長保育など多様なサービスを実施していますが、協会では各保育園の一層の保育水準の向上と円滑な運営を図るため、保育についての調査・研究や園長・保育士・調理師に対して研修などを行うとともに、保護者や市民に対して情報の提供を行っています。

平成21年度からは新しい保育指針が施行され、従前にもまして養護と教育の一体となった保育の質の向上が求められています。保育園ではこうした時代の要請に応えつつ乳幼児期の子ども達一人ひとりの心身の健全な育成を図るため、健康、安全で情緒の安定した生活が出来る環境を整えるとともに、地域に親しまれる施設として子育て中の保護者の方や地域の皆さまの育児に関する相談や助言を行っているところです。

これからも地域の子育て支援の拠点として、鋭意努力してまいる所存ですので、ご指導ご支援をよろしくお願い申し上げます。

(一社)福岡市保育協会理事長 古賀貞雄

組織図

組織図

本協会のおもな事業

  • (1) 保育事業に関する調査・研究・広報
  • (2) 民間保育園職員の研修・指導・処遇改善
  • (3) 施設の整備・改善
  • (4) 関係機関との連絡調整
  • (5) 地域との交流促進等

福岡市保育協会 青年部からのお知らせ

 11月15日~17日にホテル日航福岡及びJR九州ホールにて第3回九州保育三団体青年部研修会福岡市大会を行います。
 『さぁ、子どもの話をしよう!~いつ話すとね?今やろうもん!~』を大会テーマとして、3日間熱く保育を語ります!
 日々子ども達と向き合っている保育者の皆様、一緒に語りませんか?ご参加お待ちしております。

第3回九州保育三団体青年部研修会福岡市大会 要綱

↑UP