• 保育園の利用
  • 保育園への就職
  • 保育サポート
  • 子育てお役立ち情報
  • 保育園を探そう

保育のひろばTOP保育園の利用について > 保育園ってどんなところ?

保育園ってどんなところ?


保育園の特徴

保育園は、乳幼児の保護者が働いている場合や、病気、親族の介護をしているなどの理由で、 自宅での保育が困難な場合、保護者に代わって保育するための児童福祉施設です。
保育園は0歳から入学前6歳までのお子さんが入園できます。保育園は幼稚園と異なり、 保育時間が長いのが大きな特徴です。
なお、福岡市では生後3ヵ月経過後~小学校就学前まで入園可能です。

●保育時間、開所日・休所日、利用開始日・退所日●

 1.保育時間
   月曜日~土曜日 ・・・午前7時から午後6時まで

   ※保育短時間認定の場合、上記時間の範囲で8時間以内
     (保育施設等によって利用できる時間帯が異なります。)
   ※注意
   〇延長保育を実施している保育所(福岡市内保育園一覧の特別保育を参照下さい)
   〇保育時間が午前11時から午後10時までの夜間保育所(前後に延長保育を実施)
     ・・・第2どろんこ夜間保育園(博多区)中央保育園(夜間部)(中央区)
     *舞鶴保育園(中央区)は、午前7時から午後6時までの通常保育に加え、夜間部も設定して
      います。

 2.開所日・休所日
   開所日・・・月曜日~土曜日
   休所日・・・日曜日、祝日、12月29日~1月3日

 3.利用開始日・退所日
   利用開始日・・・・・各月1日、11日、21日
   退所できる日・・・・各月10日、20日、月末(次月1日の前日)

   ※注意
   〇各月とも11日、21日利用開始及び10日、20日退所の場合の保育料は日割りとなります。

保育園の一日

登園
  • 保育園は「おはよう」のあいさつからはじまります。
  • 登園時間はお父さん、お母さんの仕事の状況などによっていろいろです。
  • 保育士は、子どもの表情や機嫌、健康状態に注意しながら、様子を把握します。同時に、わずかな時間も活かして、保護者とのコミュニケーションを大切にしています。家庭での子どもの様子を知るために、連絡帳などを活用しています。
保育の様子
  • 子どもは生活や遊びを通して、友だちや保育士などと関わり、集団での経験から学んで成長します。保育はこうした教育の側面もあわせもっています。
  • 保育園では、保育の計画をたて、子どもの年齢や発達に応じて保育しています。異年齢保育も行っています。 (異年齢保育...年齢の異なる子どもをクラスにして行う保育)
  • 遠足、プール、運動会、お誕生日会、クリスマス、もちつき大会、お正月会など、年間を通じてさまざまな行事があります。
  • 低年齢児には、ゆったりと眠りにつけるような静かな環境を整えます。年齢が上がるにつれ、子どもの状況に合わせてお昼寝をしない場合もあります。
  • 保育士が言葉かけをして、トイレに行く習慣や衣服の着替えなどの基本的な生活習慣も身につけます。
食育 食事
  • 保育園では自園での調理・食事が基本です。食べることは心と体を健康に育むための基本です。みんなと楽しい雰囲気の中でコミュニケーションをはかり食事ができるように配慮しています。
  • 箸の使い方や食事のしかたなど基本的なことを学ぶと共に、食べ物に対する感謝の気持ちも育てます。
  • 栄養のバランスを考えて1か月ごとに献立が決められます。旬の食材やその地域で採れた食材を取り入れたり、行事に合わせたメニューも工夫します。離乳食やアレルギー対応食などが必要な子どもには、状態に合わせてていねいに提供しています。
  • 食事は大切な保育の一部として、調理の様子を見学したり、自分たちで調理体験をしたり、食に対して興味・関心を育てます。
  • おやつも食事の一部として、市販のスナック菓子だけではなく栄養バランスを考えた手作りのおやつを提供します。
お迎え 延長保育
  • お迎えの時は、お父さん・お母さんとコミュニケーションを図る大切な時間です。
  • お迎えでは、一日の出来事や子どもの様子を伝え、家庭での子育てや悩みなどの相談にものります。
  • 保護者以外の方がお迎えに来た場合は、きちんと確認を取るなど、安全にも配慮しています。
  • 仕事などでお迎えが遅くなる場合は、延長保育も行っています。
  • 延長保育は、とくに落ち着いた雰囲気や家庭的な環境で過ごせるように配慮しています。
  • 保育園の中には、深夜や早朝まで開園して、子どもと働く保護者を支えている園もあります。

↑UP