• 保育園の利用
  • 保育園への就職
  • 保育サポート
  • 子育てお役立ち情報
  • 保育園を探そう

保育のひろばTOP > 保育園の利用について > 特別保育について

特別保育について

働くお母さんをサポート!時代の二一ズに対応します

時代の変化とともに、社会進出する女性がますます増加しています。
同時に働き方も多様化して各地の保育施設では、働くお母さんをサポートするため様々な特別保育サービスを実施中です。

延長保育

勤務時間や通勤時間の関係で、より長時間の保育を必要とするご家庭のために実施しています。
対象となるお子さんは、保護者の残業や不規則な勤務のため、保育を必要とする児童です。

短時間保育認定の延長保育については保育園にお尋ねください。

夜間保育

夜間働く方のためのサービスで、深夜までの保育が受けられます。

障がい児保育

働く保護者のお子さんが障がい児の場合に、健常児と共に生活する障がい児保育を全園で行っています。
集団保育が可能なお子さんで、障がい児保育指導委員会が保育園での保育に馴染むと判定した児童が対象となります。

一時保育

仕事・病気・介護・冠婚葬祭などで一時的に家庭での保育が困難になる保護者のためのサービスです。
週3日以内又は連続14日以内の範囲内で利用できます。
詳細は保育園へお尋ねください。

休日保育

現在、市内の保育園に入所されているお子さんの保護者が、日曜日、国民の休日に、就労のためお子さんを保育できない場合に利用できます。

子育てサークル

従来の保育園の役割にとどまらず、地域社会に向けて開かれた保育所を目指そうと、地域住民の育児に関する不安や悩みの相談・助言や、地域の子育てサークルヘの支援・育成を実施します。

学童保育

子育て支援の一環として学童保育を行っています。各園にお問い合わせください。

※特別保育の詳細については、保育園一覧の特別保育を実施している保育園にお尋ね下さい。

地域子育て応援事業はこちら

↑UP