• 保育園の利用
  • 保育園への就職
  • 保育サポート
  • 子育てお役立ち情報
  • 保育園を探そう

保育のひろばTOP > 福岡市保育協会について

協会について

理事長あいさつ

 一般社団法人福岡市保育協会は、昭和22年の児童福祉法の制定を受け、昭和24年に福岡市保育会として発足しました。その後名称変更や社団法人化を経て、平成24年4月に一般社団法人となりました。現在は市内の私立認可保育園279カ園と認定こども園6カ園の、計285カ園が加入しています。(令和3年4月1日現在)
 保育協会では、各保育施設の保育水準の向上と円滑な運営を図るため、行政との意見交換会や協議を行ったり、保護者や市民に対して情報の提供に取り組んだりしています。また、保育についての調査・研究や研修会の運営も行いながら、健全な施設運営や質の高い保育の提供を心がけています。

 近年、保護者支援や地域貢献など社会における保育施設の役割は多岐にわたり、世間からの期待も大きくなっています。また、社会情勢に多大な影響を及ぼしている新型コロナウイルスに対しても、各施設が可能な限り感染防止に取り組みながら、日ごろの保育運営や行事の在り方について検討を重ねております。

これからも子どもや保護者にとって安心して利用してもらえる保育園であるために、そして、子育て支援の拠点として地域に根差した保育園であるために、鋭意努力してまいる所存です。ご理解とご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

(一社)福岡市保育協会理事長 増本律秀

組織図

組織図

本協会のおもな事業

  • (1) 保育事業に関する調査・研究・広報
  • (2) 民間保育園職員の研修・指導・処遇改善
  • (3) 施設の整備・改善
  • (4) 関係機関との連絡調整
  • (5) 地域との交流促進等

↑UP